サクラの存在

サクラ1

出会い系サイトを利用する際に、やっぱり気になるのは「サクラ」の存在ではないでしょうか。
せっかく知り合えたと思った素敵な相手が、実はサクラだった、というケースも、中にはあるようです。

■サクラは女性利用者の減少が原因

まず、出会い系サイトにはどうして「サクラ」が必要なのでしょうか。
その理由は簡単です。

インターネットの出会い系サイトが登場した直後の2000年前後には、
男女ともに利用者数が激増し、女性の比率も男性とほぼ同じぐらいという、理想的な状態となっていました。

当時は、まだインターネットの本格的な普及の途中で、
ごく普通の女性が純粋に、出会いの新しい手段として、積極的に出会い系サイトを利用していました。

ですが、その後、出会い系サイト絡みの犯罪の急増などもあって、
出会い系サイトの危険な側面も広く認識されるようになり、女性の利用者数はどんどん減少していきます。
当然、それによって、男性利用者数も減少していってしまいます。

そこで、業者が考えついたのが、
まず、女性は無料でサイト利用可能とし、男性は有料制とすることで、女性利用者数の確保を図るという方法です。
出会い系サイトの運営業者も、利益を上げなくては商売が成り立ちませんので、必死なのです。

そして、さらにサクラを雇うことで、男性利用者をつなぎ止めるという、巧妙な手法もだんだんと浸透していくことになりました。

つまり、女性の利用者数減少こそが、出会い系サイトでのサクラ台頭の大きな原因だったわけです。

■サクラがいないサイトはあるのか

では、現在存在している出会い系サイトの中には、サクラのいないサイトもあるのでしょうか。
答としては、YES。
サクラのいないサイトも、実際にあります。

たとえば、マッチ・ドットコムや、エキサイト恋愛結婚、といったサイトは、
いわゆる優良な、サクラのいない出会い系サイトとして有名です。

ただし、その分、返信率や会える確率も低いことでも有名かもしれませんね。
ですが、これこそが正に、サクラのいない健全な出会い系サイトたるゆえんでもあるのです。

考えてみてください。
現実世界でも、そこら辺を歩いている一般の女性に声をかけたとして、どのような反応が返ってくるでしょうか。

素通りされてしまうほうが普通で、
ごくごく稀に、少し良い反応を返してくれる女性もいるかな、といった程度ではないでしょうか。
それと全く同じことです。

つまり、サクラのいない「純粋」な出会い系サイトというのは、
男性にとっては「女性の反応が薄い」「女性のノリが悪い、ガードが固い」と感じるぐらいのほうが多いのです。

サクラがいない出会い系サイトを探している方は、まず、
こうした「現実的」で「正常」な反応・感触こそが、ある意味、実在の女性が相手になってくれている、最も大きな証拠でもある、
ということを覚えておくと良いかもしれません。

■サクラを見抜くには

出会い系サイトの中には、サクラを雇って、男性会員とやり取りをさせているサイトも、存在しています。

このサクラも、主婦やOLなどがお小遣い稼ぎでアルバイトをしている場合もあるのですが、
男性従業員が女性のふりをして、男性会員とやり取りをしているという場合も少なくありません。

では、相手がサクラかどうかを見抜く方法はあるのでしょうか。
大きなヒントは、前項でも触れた、女性の反応にもあるかもしれません。

まず、サクラの目的は、男性会員に少しでも長くたくさんサイトを利用してもらい、ポイントをより多く消費・購入させることです。
そのため、前出のような純粋な出会い系サイトとは、女性のノリや雰囲気、反応などが、明らかに違います。

どの女性も積極的で魅力的で、すすんでアダルトな話もふってくる、会うことや好意をにおわせて気を引いてくる、といったサイトは、
典型的なサクラのいる出会い系サイトであるとも言えます。

■ポイント制のサイトも注意

他にも、ポイント制をとっている出会い系サイトも、サクラを雇っている可能性が高いと言えます。
特に、高額のポイント制である場合ほど、可能性は高まるかもしれません。

料金表を見て、女性とのやり取りにあまりに高額のポイントがかかるサイトでは、
男性会員が支払う金額から、サクラにいくらかをキャッシュバックしている可能性もあると見て良いでしょう。


アプリレビュー数

  • アプリレビュー数

    118

  • 最終更新日2019年11月20日

出会い系アクセスランキング

最新の出会い系口コミ