迷惑メールの実態と対処法

迷惑メール

パソコンや携帯、スマートフォンなどに届く、迷惑メール。
一体どうやってアドレスを知ったの?と不安にもなってしまいますよね。
ここでは、迷惑メールの正しい対処法について、見ていきましょう。

■お返事しちゃダメ!

迷惑メールの中でも最も代表的で、且つ、多くの人がやってしまいがちな、間違った対処法として、
「登録した覚えの無い出会い系サイトからメールが急に届くようになり、
【配信停止はこちら】という部分をクリックしたが、配信が一向に止まらない。」
「迷惑メールの配信を止めてもらおうと、【配信停止するには】の指示に従って空メールを送信したが、
停止してくれない。」
というものがあります。

そもそも、迷惑メールを一方的に無差別に大量送信で送りつけてくる業者が、
親切に配信停止の方法を教えてくれるはずはありません。

律儀に返事をしてしまうことで、
「このアドレスは生きている」「このアドレスの人はメールを読んでいる」と先方に分かってしまうため、
悪質な業者間などですぐさま「カモリスト」として共有されてしまい、
さらに大量の迷惑メールがあちこちから送られてくる、という最悪のパターンになってしまうでしょう。

また、そういったURLをクリックした瞬間、出会い系サイトに登録されてしまい、
登録料や入会金を請求する画面が表示されてパニックになる、というパターンも珍しくありません。

迷惑メールに記載されているリンクは、絶対に安易にクリックしないこと、を守りましょう。

■開封しない!

迷惑メールの中には、
ウイルスが仕込まれていたり、個人情報を流出させられたり、フィッシング詐欺などにつながることもあるため、
迷惑メールを「開封」すること自体も、実は非常に危険な行為です。

そのため、未読のまま削除、という方法が最も望ましいでしょう。

また、常にセキュリティソフトを利用して、
パソコンや携帯電話、スマートフォンなどを、ウイルスからしっかり守ることも非常に大切です。

さらに、メール設定で、迷惑メール対策のサービスやソフトなどがあれば積極的に活用し、
パソコンからのメールは全て拒否したり、アドレス指定受信にする、迷惑メールの送信元アドレスやドメインを着信拒否に設定する、
という方法も効果的でしょう。

■迷惑メールも巧妙化している

最近の迷惑メールでは、
友人やサポートセンターなどを装って
「至急!」「お問い合わせありがとうございます」「今会える?」など
思わず開いてしまいそうな件名のメールを送ってきて、開封・返信させようとするものや、

有名セキュリティソフト会社の名を騙って、出会い系サイトに誘導するものまであり、
さらに巧妙化してきています。

また、架空請求メールは
「自宅まで回収に行く」「個人を特定できた」などと不安な気持ちを煽って、何とか連絡をさせようとしてきます。

ですが、本当に名前や住所、電話番号まで知られていることは稀で、
たいていは、携帯の個体識別番号、IPアドレス、プロバイダといった情報のみで、
これらから住所などを調べることはできません。

絶対に、慌てて電話などしたりせず、落ち着きましょう。
もちろん、身に覚えの無い料金は支払う必要もありません。

そして、迷惑メールが届くようになる「きっかけ」を自分で作ってしまうような行動も、控えるようにしましょう。

たとえば、
掲示板やSNS、ブログなどにアドレスを掲載したり、
無料の懸賞やモニター、無料ダウンロードサイト、メルマガなどに、応募・登録したり、
ネットショッピングサイトで買い物をしたり、
といった何気ないことから、アドレスが悪質業者に知られていることが多いのです。

■センターに通報もアリ

悪質な業者に、迷惑メールをやめてもらう方法として、迷惑メール相談センターに通報するという方法もあります。

現在では、迷惑メールの送信を規制するために、
「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」「特定商取引に関する法律の改正」というものが、国でしっかりと定められています。

そのため、すべての事業者は、受信者の同意なく広告宣伝のメールを送信してはならないことが義務づけられているのです。

ですから、しつこく迷惑メールを送ってくる業者は、
こうした法律違反を犯しているとして、しかるべき機関に通報してしまっても良いわけです。

通報や情報提供を受け付けている機関は、
(財)日本データ通信協会、または(財)日本産業協会、となりますので、覚えておくと安心ですね。


アプリレビュー数

  • アプリレビュー数

    118

  • 最終更新日2019年11月20日

出会い系アクセスランキング

最新の出会い系口コミ